新聞紙

新聞紙

いろんな梱包に使えるのが新聞紙です。新聞紙をとっていない家庭では、親戚や友人などに保管しておくようにお願いしておくと良いでしょう。どの家庭も大抵は直ぐに処分しませんが、資源回収の時期と重なるとほとんど手に入らないこともあるため、1ヶ月前くらいまでにお願いしておいて下さい。
新聞紙は食器類を梱包すれば割れにくくなり、丸めればクッション材にもなります。食器を包む場合は新聞紙のインクが多少付いてしまうことがあります。後で食器を洗うのが面倒だと思うなら、広告チラシを活用すると良いでしょう。新聞紙は一番外側にし、クッション材として使えば汚れはつきません。
そのほか新聞紙の使い方としておすすめなのが、床に敷いておくことです。荷物を置く場所の下に敷いておけば、フローリングに傷が付くのを防ぐことができます。汚れも同時に防げて一石二鳥でしょう。賃貸住宅だと引越の際に傷や汚れを付けると、後で修繕費や清掃代がかかってしまいます。できるだけ現状を維持しながら明け渡すのが基本です。床以外にも壁などどこでも張ることができて、手軽に汚れ防止になるでしょう。ただし、フローリング全面に張るのはあまりおすすめしません。引越作業中に滑りやすく、後で剥がすのも大変だからです。